スポンサードリンク

顔シミ取り レーザーシミ取り シミ取り化粧品

2009年09月28日

顔のシミ取り

顔のシミは突然できたり、増えたりするもではありません。

紫外線や肌のケアなどによるダメージが少しずつ蓄積され、
シミができやすい素地が作られていきます。

顔のシミは、できないようにするのがベストですが、それよりも、できたことに気付いたら
素早く治療することが大切で現実的です。

シミといっても種類があり、シミ取り方法もそれぞれ違ってきます。

間違えた方法で治療をして、悪化したり、別の肌トラブルに見舞われてしまうことがないように、

とりあえずどれかを試すといったことはやめて、自分のシミにあった適切な方法を選択することが大切です。

シミ取りには、皮膚科、内服薬、レーザー治療、化粧品といろいろ方法がありますので、

まず、自分のシミのタイプを知ることから始まり、適切な治療を選択することが、

安全なシミ取りに、つながると思います。


自分のシミの種類を知りましょう

■老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
 紫外線を浴びることでできてしまうタイプのものです。
 場所として頬骨の上部分で、大きいものになると1センチほどにもなります。
 このシミは過去の日やけが、加齢によって表面に現れます。

■脂漏性角化性(しろうせいかくかしょう)
 老人性色素斑が隆起することでイボのようになったタイプのものです。
 通常のシミとは違い皮膚の角質が厚くなって盛り上がっています。

■肝斑(かんぱん)
 女性ホルモンが乱れた場合によくできると言われています。
 時期としては30代の後半ころから現れてきやすいです。

■花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)
 夏場などで急激な日やけによってできてしまうタイプのシミです。

■雀卵斑(じゃくらんはん)
 そばかすとも言われています。白人に多いため、色白の方に多いといわれています。
 鼻の周辺に多くみられます。
posted by tomio at 14:15| 顔のシミ取り

レーザーシミ取り

シミ取りのレーザーとは、皮膚科やクリニック、形成外科などで行っているシミの治療法です。

レーザー光線は、皮膚の深いところまで届きますので、皮膚の奥にあるシミに有効となります。

レーザーで壊された皮膚は徐々に再生して、シミが少しずつ消えていきます。

皮膚科などで使用されているレーザーは、YAGレーザーやアレキサンドライトレーザーなどで、

エステなどで使用しているレーザーよりも強力で、効果があるものとなっています。

レーザーによる治療法は、シミ取りの中でも即効性が高い治療法ですが、シミによっては、

効果的ではないものもありますので、注意が必要です。

とはいっても事前に専門家が判断しますので、心配はありません。


老人性色素斑や手の甲のシミ、肌の深い場所にできているシミなどには効果があり、

肝斑や日光アレルギーがある場合には、向かない治療法と言われています。

また、妊娠中の「シミ取りレーザー治療」は避けるべきで、妊娠中でなければ、

影響はありませんので、その後の出産を希望されている方にもレーザー治療は可能です。


レーザー照射後は、照射部が軽くやけどしたような状態となるため、ガーゼや絆創膏で

保護する必要があります。数日でかさぶたとなり、そのかさぶたが剥がれると

ピンク色の皮膚になり、およそ3〜4ヶ月程度でシミは目立たなくなります。

一時期シミが濃くなる場合もありますが、次第にシミは薄くなっていきます。

レーザー照射後は紫外線に対する抵抗力が低下するため、美白剤などで色素沈着を

防ぐケアと、十分な紫外線対策が不可欠になります。


シミ取りレーザー治療は保険がきかないので、治療費はクリニックにより異なります。

治療費は事前に確認しておきましょう。

しみ取りレーザーの価格は、その患部の大きさにより決められていることが多く、

また、医療機関により多少の違いはあるものの、おおよそこの程度だと思われます。

相場としては、5mmまでの小さいシミで約1〜1万5千円程度、20mmで約2万円程度、

40mmで約4万円程度と設定しているところが多いようです。
posted by tomio at 14:07| レーザーシミ取り

シミ取り皮膚科

化粧品によるシミ取りでは、頑固なシミは消せません。

下手にシミ取りをしたばっかりに、かえってシミを増やしてしまうなんてこともあります。

取り返しの付かなくなるまえに、皮膚科でしっかりシミ取りをしてもらうことをお勧めします。

皮膚科や美容外科で行なうシミ取りは症状に合わせて治療を進めてくれます。

レーザーを用いたり、薬品を用いたり、治療法はシミの状態で違ってきますが、
相談してやっていけるので安心です。

皮膚科や美容外科などで行なわれているシミ取り治療はほとんどが美容目的の
治療扱いになるため自由診療とされ、保険は適用されません。

治療費は、病院ごとに料金設定が違いますので、事前に調べた上で治療を行ないましょう。


皮膚科でのシミ取り治療ってどんなことをやるのでしょう?

■フォトフェイシャル
 光による最新の治療方法です。シミ・ソバカス・赤ら顔・毛穴の開きなど、
 複数の肌トラブルに効果的です。光によって真皮内に変化を起こらせ、
 コラーゲンやエラスチンを活性化させる効果もあります。
 ケミカルピーリングとの併用で、さらに効果的であるといわれています。

■ケミカルピーリング
 AHA(アルファヒドロキシ酸)という酸を利用して古くなった角質を除去し、
 皮膚の持っている修復力を活用する技術です。
 肌の表面が滑らかになり、新陳代謝も活発になります。
 ニキビ・ニキビ跡・シミ・シワ・くすみ ・毛穴の汚れに効果的です。
 
 ケミカルピーリングは、医療機関で行うものに限り、より高い効果が期待できます。
 エステサロンではできない、皮膚科だけの効果的な治療法です。

■フォトリセット
 レーザー光による治療で、かさぶたを形成しながらのシミ取り方法で、
 しみや毛穴を改善していきます。

■注射・点滴
 日常生活では不足しがちなビタミンをわずかな時間で補給します。
 定期的に続けると皮膚の老化防止、シミ・くすみに効果的といわれています。

■イオン導入
 弱い直流電流を流すことによって皮膚の帯電バランスを崩し、普通は通過することの
 できない皮膚のバリアゾーンを弱めて、イオン化されたビタミンC液を
 皮膚に浸透させようとするものです。
 ニキビ、黒ニキビ、シミ、シワ、美白、色素沈着、くすみ等にも効果的です。

■グロースファクター導入
 イオン導入の20倍の力でグロースファクター(細胞増殖因子)を導入し、
 肌細胞を入れ替え活性させます

■Qスイッチレーザー
 正常な皮膚や血管にはダメージを与えずにメラニンなどの色素のみに反応して
 シミを除去します。
 治療後1週間から10日くらいでかさぶたがとれると同時に色素が取れます。


症状に合わせて最も適した施術を行っていくことが、高い効果が得られます。

医師と相談すれば、最良の治療方法が見つかるでしょう。
posted by tomio at 13:54| シミ取り皮膚科

シミ取り化粧品

しみ取り化粧品で消せるシミは、ざらつきや厚みがない場合で、妊娠期や更年期に
出来る肝斑や、光老化で出来た老人性色素斑で厚みがないものです。

しみ取り化粧品は、できたばかりの薄いシミに最も効果がありますが、
古いシミは、メラニン色素が深い部分にあることも多いため、シミ取り化粧品が
効きにくいと言われています。

美白のためのしみ取り化粧品には、ひとつひとつ美白への肌づくりを考えた大切な意味があり、
皮膚の性質にもとづいた毎日のお手入れがシミの無い、美しい肌づくりの近道と言えます。

クレンジング、洗顔、マッサージ、パックまたはマスク、化粧水や乳液そしてクリームといった
しみ取り化粧品で、的確な肌の手入れをすることは、美肌、美白にはかかせないものに
なっています。

しみ取り化粧品は、各化粧品メーカーからたくさんの種類が販売されています。

身近な国産メーカーからは、花王ソフィーナのメモリーホワイト、資生堂のプラウディア、
カネボウ化粧品のフェアクレアといった商品が多くの方に使われ、人気となっています。

また、最近話題となっている人気シミ取り化粧品として、次のようなものがあります。

■ビーグレン
 「医療レベルの浸透技術を世界で始めて化粧品に応用」したスキンケアブランドで、
 アメリカでは本当に数多くの方が愛用しています。
 ビーグレンは、高い効果と即効性をスキンケア製品にもたらしたことが人気をあつめています。
 使い始めて一週間後にはお肌の変化に気づくと思いますので、まずはトライアルセットから
 はじめてみるのもよいと思います。

■デルメッド
 三省製薬が販売している、自信の美肌コスメです。
 三省製薬は、美白と美肌の為の有効成分を80種以上開発し、
 多くの大手化粧品メーカーに成分を提供している「美白のパイオニア」です。
 スピーディーな美白効果「美迫力」に特長があります。お試しセットもあります。

■グラスオール
 シャンパン酵母エキスが肌に潤いを与え、 美白有効成分の安定型ビタミンC誘導体、
 消炎有効成分のグリチルリチンや保湿成分が、浸透しやすい肌に整えます。
 シャンパン酵母エキスの魅力は、高い保湿力です。
 「シャンパンで手を洗うと手がキレイになるという」口コミから生まれた、
 世界初、シャンパン酵母入り化粧品。トライアルセットあり。

優れた化粧品は多数ありますので、自分に合うものを選んでください。
posted by tomio at 13:11| シミ取り化粧品

シミ取りクリームの効能と商品紹介

シミ取りクリームは、クリームによっていろいろな使い方ができます。美容液のように顔全体に塗ることができるものや、シミにピンポイントで塗る方法のものもあります。

シミを無くすには、化粧品や美容液と併せてシミ取りクリームを使うのが、より効果があるといわれています。

シミ取りクリームには、レチノイン、ハイドロキノン、コラーゲン、ビタミンC誘導体
などの成分が配合されています。

レチノインはニキビやニキビ痕、シミ治療、しわなどに効果があり、
コラーゲンの増殖を促すので、アンチエイジング作用があります。

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも呼ばれ、強力な漂泊作用があり、
アメリカでもよく使われている成分の一つです。

数年前より市販の化粧品にもハイドロキノンが配合できるようになったのですが、
許可されているハイドロキノン濃度が低く、効果的なシミ治療があまり望めません。

皮膚科やクリニックなどのハイドロキノンは4%〜10%と高濃度なのでシミに大変効果的です。

ハイドロキノンは強力な薬ですが、正しく使えば副作用のすくない安全な薬といえます。

単独で使うよりも、ケミカルピーリングや、フォトフェイシャル、レチノインと
併用すると効果的です。

ハイドロキノンは熱と光に弱いので、冷蔵庫に保管しましょう。

シミ取りのクリームで人気のある商品を紹介します。

●BBクリーム
 芸能人御用達のコスメで、韓国でNO.1の顔のしみ取り化粧品です。
 20秒ほど塗るだけで、化粧下地とファンデーションが同時に出来ます。
 軽い付け心地で、厚塗りにならず、ナチュラルな仕上がりが人気です。

●シミ取りクリーム「白雪美麗」
 美白、しみ(シミ)取りクリームに含まれるアルファアルブチン5%配合、
 リピート率 NO.1商品です。
 シミの気になる部分に使用し、化粧水で肌を整え、顔全体にうすくのばして、
 シミやくすみが気になる部分は、念入りにつけると効果的です。

●小林製薬のケシミンクリーム
 顔しみの原因であるメラニンの生成を抑えてシミのケアをしてくれる医薬部外品クリームです。
 手軽に試すことの出来る美白クリームです

●AFIRM1X
 敏感肌用レチノールクリームで、穏やかな作用で肌の再生を促します。
 皮膚のターンオーバーを早め、小じわ、シミを目立たなくするレチノールクリームです。

●資生堂のクレ・ド・ポー ボーテ ラ・クレーム
 美白有効成分アルブチンなどを配合した極上のクリーム。
 顔しみやシワ、たるみなどに働きかけてくれます。
 高額でも人気があり、評価の高い化粧品です。

●SK-II ホワイトニング ソース スキンブライトナー
 MTブロッカーとDNAビタミンカプセルがメラニンの生成に良い効果を与えます。
 美白美容乳液として高い人気があります。

美白ためのシミ対策

■シミと美白について知りましょう

シミの原因となるは紫外線ですので、外出する際には紫外線を防御することを心がけましょう。

まず、対策ですが、帽子や日傘などで直射日光をさけ、さらに地面からの照り返しがありますので日焼け止めクリーム等の使用をお勧めします。

何よりも必要以上に太陽に当たらないことを心がけましょう。

美白化粧品によってシミなどは徐々に色が薄くなっていきます。ただし、時間がかかりますので、

美白のためには、粘り強くお手入れすることがなにより肝心です。


■シミに有効な美白成分

美白効果をもたらす成分には、以下のようなものがあります。

1.メラニン色素の合成を抑える成分 として
  プラセンタエキス
  ビタミン C とその誘導体
  カミツレエキス(カモミラエキス)
  アルブチン
  油溶性甘草エキス(グラブリジン)
  茶抽出液
 などがあります。

2.抗酸化作用で紫外線によるダメージを抑制する成分 として
  ビタミン C とその誘導体
  ビタミン E
  ポリフェノール(茶抽出液・オリーブ葉エキス・イチョウエキス・オウゴンエキス)
 などがあります。

3.メラニン色素の排出を促す成分(肌の生まれ変わりを助ける成分) として
  AHA ( グリコール酸・クエン酸・リンゴ酸・酒石酸・乳酸など
  フェノール
  レチノール
  フルーツリンクルプロテクトエッセンス
  酵素洗顔料
 などがあります。


■シミ予防と美白対策

しみ対策に有効な成分が含まれた美白専用化粧品を使い続けてみることで、
有効にシミ対策ができます。

また、美白化粧品で肌の上からケアするばかりではなく、

シミの原因となる物質の生成を体の中から抑えることが大切となります。

サプリメントや普段の食事から美白成分を取り入れることも大切になってきます。

美白成分を含む食べ物も多くありますので調べてみるのも有効だと思います。
posted by tomio at 11:49| 美白ためのシミ対策