スポンサードリンク

顔シミ取り レーザーシミ取り シミ取り化粧品

2011年09月16日

しみ予防

シミができる原因には、紫外線やストレス、皮膚の新陳代謝の悪化などが考えられます。

シミの予防として、化粧品、美容液などを使用するスキンケアを考える方は、多いと思われ
ますが、以外と気づかないのは、サプリメントも含めた食品がしみ防止に効果があるという
ことです。

いわれてみれば、ビタミンCなどは効果がありそうだと気がつかれる方もいらっしゃると
思います。


ビタミンCがシミ予防について効果があるのは、このような理由と言われています。

人は皆、年をとり体は老化してゆきます。老化現象は、体が活性酸素によって酸化してゆく
ことが原因となります。

ビタミンCには、抗酸化作用があり、活性酸素に対抗して老化を防ぐ作用があります。

また、ビタミンCは紫外線を防ぐ効果が高いため、シミの原因となるメラニンの生成を
防いでくれます。

このような効果を期待しつつ、毎日ビタミンCを摂りましょう。あまり意識をしなくても
シミ取り体質に変わってゆきます。


では、どのような食材にビタミンCが多く含まれているのでしょう?

【野菜】
トマト、パセリ、ブロッコリー、ピーマン、じゃがいも、などに多く含まれます。

【果物】
グレープフルーツ、オレンジ、柿、イチゴ、ライム、アセロラ、レモンなどがあげられます。


■ビタミンC摂取のポイント
ビタミンCは、水溶性なので摂取しても対外に排出されやすく、朝摂ったから今日一日は
大丈夫というわけにはいきません。

効果を持続ためには、朝、昼、晩に分けて摂ることがポイントになってきます。

また、ビタミンEと一緒に摂ることで、相乗効果が期待できますので、是非一緒に摂る
ようにしましょう。

ちなみに、ビタミンEは、「アボカド、ツナ缶、うなぎの蒲焼、いりごま」などに、多く
含まれています。


■ビタミンC摂取で注意すること
レモンは、グレープフルーツなどに比べるとビタミンCの含有量が少ないという事実が
あります。ビタミンCの代表的な食材と思っていた方も多いと思います。意外ですね。

また、レモンは、紫外線に敏感になる成分を含んでいるので、朝に摂るとシミになりやすい
という側面もあり注意が必要です。夜の摂取は問題ナシです。

普通の食品からビタミンCを摂取していれば問題はないのですが、サプリメントでは摂取は
摂りすぎる場合もありますので注意が必要です。

posted by tomio at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | しみ予防

2009年09月28日

顔のシミ取り

顔のシミは突然できたり、増えたりするもではありません。

紫外線や肌のケアなどによるダメージが少しずつ蓄積され、
シミができやすい素地が作られていきます。

顔のシミは、できないようにするのがベストですが、それよりも、できたことに気付いたら
素早く治療することが大切で現実的です。

シミといっても種類があり、シミ取り方法もそれぞれ違ってきます。

間違えた方法で治療をして、悪化したり、別の肌トラブルに見舞われてしまうことがないように、

とりあえずどれかを試すといったことはやめて、自分のシミにあった適切な方法を選択することが大切です。

シミ取りには、皮膚科、内服薬、レーザー治療、化粧品といろいろ方法がありますので、

まず、自分のシミのタイプを知ることから始まり、適切な治療を選択することが、

安全なシミ取りに、つながると思います。


自分のシミの種類を知りましょう

■老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
 紫外線を浴びることでできてしまうタイプのものです。
 場所として頬骨の上部分で、大きいものになると1センチほどにもなります。
 このシミは過去の日やけが、加齢によって表面に現れます。

■脂漏性角化性(しろうせいかくかしょう)
 老人性色素斑が隆起することでイボのようになったタイプのものです。
 通常のシミとは違い皮膚の角質が厚くなって盛り上がっています。

■肝斑(かんぱん)
 女性ホルモンが乱れた場合によくできると言われています。
 時期としては30代の後半ころから現れてきやすいです。

■花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)
 夏場などで急激な日やけによってできてしまうタイプのシミです。

■雀卵斑(じゃくらんはん)
 そばかすとも言われています。白人に多いため、色白の方に多いといわれています。
 鼻の周辺に多くみられます。
posted by tomio at 14:15| 顔のシミ取り